企業 薬剤師

製薬会社などの企業で勤務する薬剤師

薬剤師と言えば薬局で調剤をしているイメージがありますが、
薬剤師が活躍する場面はそれだけではありません。

製薬会社をはじめとする企業でも薬剤師は働いているのです。

企業によって勤務形態が大きく異なるのが特徴です。

幅広い活躍をしたいという方は企業で勤務するのも一つの選択肢ですね。

 

企業での薬剤師の仕事

企業で働く薬剤師の仕事には様々なものがあります。

大きく分けて以下の4つがあります。

・営業

・治験

・学術

・研究開発

 

営業職の勤務内容

薬剤師が営業するというイメージはあまり強くないかもしれませんが
企業で勤務する薬剤師の多くは営業を主な業務としています。

製薬会社での営業活動はMR(Medical Representative;医薬情報担当)と呼ばれています。

 

MRは医師や薬剤師に対し、薬の情報や新薬の宣伝などを行う営業活動です。

製品の販売を促進するための営業活動というより、

薬についての情報提供・収集活動がメインです。

 

医薬品を適正に使ってもらい、副作用を減らし、正しい流通を導くことが目的です。

MRを行うためには薬剤師の資格は必要ありませんが、薬剤師もMRに多く携わっています。

もっとも、薬剤師本来の仕事とはかけ離れているので嫌厭する薬剤師も多いようです。

営業職が好きなら向いているかもしれません。

 

治験の勤務内容

治験は、新しい薬を志願者などに試してもらいデータを収集し、
厚生労働省に認可してもらうように呼びかける仕事です。

薬学の知識や医学の知識が不可欠なので薬剤師が重宝されるわけです。

 

学術の勤務内容

外国の文献を翻訳し、企業が使えるようにするのが主な業務内容です。

英語が使えるのが必須となります。

 

研究開発の勤務内容

研究開発は薬について研究をし、新薬を開発する仕事です。

製薬会社で薬剤師が行っているイメージが強いのが研究開発ではないでしょうか。

薬剤師であることが必要ですがそれだけでは採用してもらえず
学歴が高いことが要求される薬剤師の中でも最先端の職種です。

 

企業薬剤師の収入

企業で働く場合には給与が高いのが特徴です。

大手企業の場合には30台で1000万円を超える場合もあるようです。

ただし、業務を黙々とこなせば高給が保証されているというわけではなく
成果主義となっているので実力が必要です。

また、リストラされる場合もありますし転勤もありますから
一概に安定しているとはいえないでしょう。

 

企業薬剤師の求人事情

求人は一般企業ですが、普通の場合よりも厳しくないようです。

もっとも調剤薬局などと比べると、条件が厳しい傾向にあるようです。

なお、MRの場合には学歴は関係ないと言われています。


 

転職支援サービス一覧へ戻る

 

 

良い転職支援サイトBest3へ登録する
転職サイトNo.1
リクナビ薬剤師
リクナビ薬剤師

信頼のブランド!圧倒的な情報量とノウハウ
リクルートグループが手掛ける信頼の転職サービス (登録簡単、無料)

リクナビ薬剤師公式サイト

転職サイトNo.2
エムスリーキャリア
エムスリーキャリア

東証一部上場企業が運営する最大級の転職サイト
最短即日で10件の求人紹介もあり!
(登録簡単、無料)

エムスリーキャリア公式サイト

転職サイトNo.3
マイナビ薬剤師
マイナビ薬剤師

利用者の94.6%が満足している。
常時20,000件以上の求人がある。
(登録簡単、無料)

マイナビ薬剤師公式サイト