ドラッグストア薬剤師 求人

ドラッグストア薬剤師の求人事情

ドラッグストアでの薬剤師に対する求人は調剤薬局以上に売手市場となっています。

ドラッグストアの数は全国に1万以上ありますし、
年々店舗数も増え続けていますから現時点では安定した需要が見込めます。

また、医薬分業が近年急速に進んできましたから、調剤所を併設する
ドラッグストアも増えています。

このようなドラッグストアでは、今後も薬剤師に対する需要が見込めるでしょう。

 

一方で、販売登録者制度が始まりましたから薬剤師の需要が下がってくる可能性も
多くあります。
高給の薬剤師を雇うよりは、安くで雇うことができる販売登録者ですませようとする企業が
多く現れても不思議ではありませんね。

 

さらには、2012年には6年制課程の学生が卒業してきますので
求人倍率が急増するおそれがあると言われています。

このように、ドラッグストアの求人状況は現時点では多く存在していますが
今後の状況は予測が難しいと言わざるを得ません。

 

調剤薬局の需給バランスとの関係

ドラッグストアは都市部に多く存在しています。

調剤薬局の数とドラッグストアの数は基本的に対応していると考えた方がいいですが
場所によってはズレが生じている場合もあります。

 

つまり調剤薬局の求人はほとんどないけど、
ドラッグストアの求人はあるという地域があることもあるのです。

調剤薬局でダメだとしてもあきらめるのは早いかもしれませんよ。

 

ドラッグストア勤務に転職する場合の注意点

調剤薬局などからドラッグストア勤務に転職する際に
注意しなければならない点があります。

それはドラッグストア勤務の場合には、薬剤師としての経験が豊かなだけでは
仕事にならないという点です。

 

ドラッグストアで取り扱う商品は、市販薬にとどまらず
サプリメント・医療用品・日用品など実に多岐にわたっています。

ドラッグストアで、普通の店員と薬剤師の区別はあまりつきませんよね。
お客さんは、薬剤師だろうとお構いなしに様々な質問をしてきます。
これに適宜答える必要があるのです。

 

また、商品の管理や店舗運営などの雑務もこなす必要がありますし、
経営的な仕事を任されることも珍しくはありません。

薬剤師の経験が豊かだからと言っても油断はできないのですね。

調剤薬局と比べてドラッグストアは、専門性が高くないので仕事も難しくないはずだと
いう思い込みを持っている人は、捨て去った方が賢明かもしれません。

 

転職支援サービス一覧へ戻る

 

 

良い転職支援サイトBest3へ登録する
転職サイトNo.1
リクナビ薬剤師
リクナビ薬剤師

信頼のブランド!圧倒的な情報量とノウハウ
リクルートグループが手掛ける信頼の転職サービス (登録簡単、無料)

リクナビ薬剤師公式サイト

転職サイトNo.2
エムスリーキャリア
エムスリーキャリア

東証一部上場企業が運営する最大級の転職サイト
最短即日で10件の求人紹介もあり!
(登録簡単、無料)

エムスリーキャリア公式サイト

転職サイトNo.3
マイナビ薬剤師
マイナビ薬剤師

利用者の94.6%が満足している。
常時20,000件以上の求人がある。
(登録簡単、無料)

マイナビ薬剤師公式サイト