調剤薬局薬剤師 転職

調剤薬局薬剤師の求人事情

薬剤師のほとんどはドラッグストアか調剤薬局で勤務しています。

現在、調剤薬局薬剤師の求人は売手市場となっているようです。

多くの求人情報がインターネットでも出ていますから、
条件を指定して求職することが可能となっています。

 

2012年までの特殊な事情

現在のような売手市場は、2011年までだろうと言われています。

2006年度入学から薬学部は6年制課程が取られました。

薬剤師になるためには6年間大学で学ばないといけないということになったのです。

今はちょうど4年制で学んだ学生が卒業し、
新卒の薬剤師がほとんどいない時期となっているのです。

これによって競争相手が極端に減っているため、求人の倍率も低く就職しやすい状況なのです。

 

6年制課程へと移行したときに、いくつかの大学が薬学部を新設しました。
このことから、2012年からは今まで以上に競争が激しくなるだろうと言われています。

転職を考えている人は、2012年までに急いで行う必要がありそうですね。

 

薬局薬剤師求人の地域格差

薬局薬剤師求人の倍率は、地域によって大きく異なります。

一般的に、都市部では求人が少なく地方では求人が多いという状況となっています。

また薬学部を設置している大学がなかったり人数が少ない県では、
薬剤師が不足しているようです。

地域にこだわりがない場合には、このような県を狙うのもいいかもしれませんね。

 

地域ごとの違いは求人数だけにとどまりません。

収入も地域によって大きく違うのです。

 

例えば、北海道の平均年収は630万円あるのに対して、九州では470万円しかありません。
地域が違うだけで150万円も違うのですね。

 

非公開求人の存在

薬剤師に限らないのですが、インターネットやハローワークでは
入手することができない非公開求人というものが相当数存在しています。

多くの人数の申し込みに対応することができなかったり、迅速さを求めたり
することがあるからです。

 

このような非公開求人に関しては、転職サイト(人材紹介会社)などが有している場合が
多いようです。
非公開求人は、高収入・高待遇の求人が多いのも特徴です。

高条件の求人を探すなら、非公開求人を持っている転職サイトへの登録がお勧めです。

 

転職支援サービス一覧へ戻る

 

 

良い転職支援サイトBest3へ登録する
転職サイトNo.1
リクナビ薬剤師
リクナビ薬剤師

信頼のブランド!圧倒的な情報量とノウハウ
リクルートグループが手掛ける信頼の転職サービス (登録簡単、無料)

リクナビ薬剤師公式サイト

転職サイトNo.2
エムスリーキャリア
エムスリーキャリア

東証一部上場企業が運営する最大級の転職サイト
最短即日で10件の求人紹介もあり!
(登録簡単、無料)

エムスリーキャリア公式サイト

転職サイトNo.3
マイナビ薬剤師
マイナビ薬剤師

利用者の94.6%が満足している。
常時20,000件以上の求人がある。
(登録簡単、無料)

マイナビ薬剤師公式サイト