専門薬剤師

専門薬剤師とは

専門薬剤師とはガンや精神病・感染症など、人類を脅かす病気に対処するための
プロフェッショナルとして、認定された高度な専門性を持っている薬剤師のことです。

 

どんな人が目指せばいいのか?

・新薬の開発をしたい
・新しい治療法を見つけたい
・特定の分野に強く興味がある
・大学の教授になりたい
・名を残せるような薬剤師になりたい

という方が目指すべき道が、専門薬剤師なのです。

 

 

専門薬剤師の種類

現在、主に5種類の専門薬剤師がいます。

 ・がん専門薬剤師
 ・感染制御専門薬剤師
 ・精神科専門薬剤師
 ・妊婦・授乳婦専門薬剤師
 ・HIV感染症専門薬剤師

以上の5つは、日本病院薬剤師会が認定する専門薬剤師です。

 

日本病院薬剤師会とは・・

病院等に勤務する薬剤師が、任意に加入することができる団体が日本病院薬剤師会(JSHP)です。

これに対して、薬局等に勤務している薬剤師は日本薬剤師会という団体を組織していて、
双方は別団体となっています。

日本病院薬剤師会が認定しているのが以上に挙げた5つの専門薬剤師なのです。

 

専門薬剤師になるためには

専門薬剤師になるには非常に厳しい道のりを突破する必要があります。

専門薬剤師になるためには何段階かのステップを踏む必要があります。
条件は専門薬剤師の種類ごとに違いますが、
ここでは癌専門薬剤師になるための手順を説明していきましょう。

 

まずは、がん薬物療法認定薬剤師になる必要があります。
そのためには、以下の条件を満たさなければなりません。
 1.薬剤師免許を取る
 2.実務経験を5年以上積む
 3.薬剤師会の会員+学会の会員となる
 4.がん治療に関する実技研修などを受ける
 5.講習を受ける
 6.がん患者への薬剤管理指導の実績が50症例以上
 7.認定薬剤師認定試験に合格する

 

次に、癌に関する学会での研究が必要です。
 1.発表3回以上
 2.学術論文2編以上
などの成果を上げる必要があります。

 

最後にがん専門薬剤師の認定試験に合格しなくてはなりません。

以上のように、専門薬剤師になるには難関を乗り越えないといけません。

 

専門薬剤師になったら

専門薬剤師は、難関を突破したその豊かな経験と見識を生かして、
それぞれの分野の新薬の開発や治療法の研究に携わることが期待されています。

薬局などで見かける薬屋さんというよりは、机や試験管に向かって研究をしている
学者に近いイメージですね。
教授となりたい、だとか、薬剤師として名を上げたいという方は専門薬剤師を
目指してみるのもいいかもしれません。
就職先としては、大学や病院、研究施設などが多くなってくると思われます。

 

 

 

転職支援サービス一覧へ戻る

 

良い転職支援サイトBest3へ登録する
転職サイトNo.1
リクナビ薬剤師
リクナビ薬剤師

信頼のブランド!圧倒的な情報量とノウハウ
リクルートグループが手掛ける信頼の転職サービス (登録簡単、無料)

リクナビ薬剤師公式サイト

転職サイトNo.2
エムスリーキャリア
エムスリーキャリア

東証一部上場企業が運営する最大級の転職サイト
最短即日で10件の求人紹介もあり!
(登録簡単、無料)

エムスリーキャリア公式サイト

転職サイトNo.3
マイナビ薬剤師
マイナビ薬剤師

利用者の94.6%が満足している。
常時20,000件以上の求人がある。
(登録簡単、無料)

マイナビ薬剤師公式サイト